マツオダイスケノブログ

BlogとYouTube 文字で伝える動画で伝える

AMD Ryzen 5 1600 AF 動画編集で快適か PremiereProで試す

f:id:daichannel:20200604055209j:plain

AMD Ryzen 5 1600 AF CPU

2020年5月に販売されたAMD Ryzen 5 1600 AFを購入しました。

現在使っているcore i7 2600kから換装でYouTubeへアップする動画編集が少しでも快適になればと購入しました。

税込みで一万円ちょっとで快適になるなら、またこのCPUのスペックを指標に買い替えもできると思い、マザーボードとメモリも購入。

他のパーツは流用することにしました。

 

 

スペック

CPUコア数 6
スレッド数 12
基本クロック 3.2GHz
最大ブースト・クロック 最大 3.6GHz
L1キャッシュ合計 576KB
L2キャッシュ合計 3MB
L3キャッシュ合計 16MB
アンロック はい
CMOS 14nm
パッケージ AM4
PCI Expressバージョン PCIe 3.0 x16
サーマル・ソリューション (PIB) Wraith Spire (No LED)
サーマル・ソリューション (MPK) Wraith Spire
デフォルトTDP/TDP 65W
最大温度 95°C
*対応OS Windows 10 - 64ビット版
RHEL x86 64ビット Ubuntu x86 64ビット

AMDより引用

 当時購入したi7 2600kは倍以上の値段だったと思う。

スペックは4コア8スレッド3.4GHz。

 

マザーボード メモリ CPU

ryzen 5 1600af

ryzen 5 1600af

ryzen 5 1600ryzen 5 1600af は見た目が同じで違いは写真の赤線にある

「YD1600BBAFBOX」が「ryzen 5 1600af 」今回買ったCPU。

「YD1600BBAEBOX」が古い方のRYZEN51600になる。

 

  

f:id:daichannel:20200604060529j:plain

B450 Corsair

定番のマザーボードとCorsaairメモリも一緒に購入。

 

f:id:daichannel:20200604060715j:plain

ASRock B450 STEEL LEGENO

このマザーにした理由はUSB3.1 Gen2 Type-Ax1/Type-Cx1が付いている事とM.2ソケット数が2つある事。

f:id:daichannel:20200604061048j:plain
f:id:daichannel:20200604060735j:plain
Corsaair 8x2 16G

メモリはこちら8g×2 16Gを選びました。

結構質感が良かった。

  

 

組み込み

CPU取り付け

赤矢印に小さな三角形の印が、ソケットとCPUNにあるので合わせてCPUを装着する。

 

STEEL LEGEND RYZEN5 1600AF

AMD CPUはピンを折らないよう注意と言われていますが慎重にやれば大丈夫でした。

 

ryzen 5 1600af  PIN

CPU

CPU裏面はピンむき出しで流石に落とすとやばそう。

 

ASRock CORSAIRメモリ

メモリ取り付け

CPUファンとメモリも取り付け、CPUの向きは好みでいいらしい。

CORSAIR DDR4 2666  8*2 16G

DDR4 2666 16G

メモリはCPU側から見て一つ開けて装着しまた一つ開け二つ目も装着。

一番左の配線はCPUファン。

 

ここまでが今回購入したパーツの組み込みでした。

 

ryzen 5 1600af  1660TI

PCケース

後は現在使っているパーツを流用。

1660Tiを組み込み配線は説明書通りで簡単。

 

CINEBENCH 20

CINEBENCH20 i72600k

CINEBENCH20 i72600k

今まで使っていた「i7 2600k 」を計測してみる。

CPU:1289pt

Single core:265pt

 

ryzen 5 1600af ベンチマーク

CINEBENCH20 ryzen 5 1600af

ryzen 5 1600af 

CPU:2548pt

Single core:366pt

 

結果はCPUは1.97倍、約2倍 シングルコアは1.38倍という結果になった。

これだけですべて良くなったと言っていいか分からないがスペックアップしたのには満足。

 

PremiereProで使えるか?

動画編集にどこまで使えるかをテストしました。

結果から言うと元のCPUより断然快適になりました。

 

上記動画はα6400で記録サイズが1920x1080 60fps 50Mで撮影したものです。

またタイムライン上に同サイズFHD50Mのクリップを重ね編集しています。

動画の長さは約17分

エッセンシャルグラフィックス使用

カラーも場所によっては変更しテキストを少ないですが入れてあり、またBGMは4曲くらい使って完成した動画です。

このくらいでの編集では高速移動したり編集を複雑化していくと少しコマ落ちしストレスフリーとまではいきませんが、PremiereProが固まる事なく再生でき一万円のCPUで大変満足いく結果になりました。また個人差はありますがFHD動画の編集だと十分だと感じます。

 

動画編集やYouTubeや4kは?

 

4k30P100mで撮影した動画です。

上記はPemiereProでフル画質再生編集テスト

結論は4kはカットやテキストなど軽めの編集には十分に使えると思う。

クリップを重ねたり(4k動画4つ)カラーを変えたりと重い作業は固まってしまった。

自分がYouTubeに上げている動画くらいの編集だと重くなるが4kでも編集できる範囲ではあった。

自分の動画の編集の仕方にもよりますが、カラグレ4k編集、クリップを何重にも重ねたりすると流石に固まりますが、FHDを二つ重ねるくらいだと問題は無いかと感じます。

 また編集にこだわりのある方や4kのクリップをいくつも使い動画を作る方などにはきついかなと思いますが4kのクリップ一つくらいでは普通に編集もできました。

 

まとめ

ryzen 5 1600af cpu

ryzen 5 1600af

今回はi72600k4コア8スレッドからryzen51600af6コア12スレッドに換装し満足いく結果になりました。

自分はゲームはマインクラフトくらいしかしないのでゲームのベンチは他の方のを見たくらいですが、動画編集やpremiereproでどのくらい使えるのかはあまり情報が無いので今回記事にしてみました。

電源やハードディスクは流用したので価格は28000円くらいでした。

詳しい方ならスペックを見るだけで分かる内容かもしれませんが動画編集する方でスペックはあまり分からない方などの参考になればと思います。

またこのCPUは1万円なのでこれを指標にすると上位スペックのryzen73700xなどのCPUはもっと快適なんだろうと思いますしソケットも共有なので後々CPU変更もできるので自分的には良かったなと感じました。

 

スペック

OS:Windows10 

CPU:RYZEN5 1600af

メモリ:16GB

GeForce GTX1660 Ti

HDD:サムスンSSD/500GB バックアップ保存用 HDD/2TB

 

 

スペックや編集の快適さについては環境に依存するとおもいますので予め個人的意見としてみて頂ければ幸いです。

最後までお読みいただきありがとうございました。